不動産屋の七つ道具(4)デジカメ
b0190474_1932365.jpg

フイルムカメラの時代は、撮影後お金を出し現像して、出来た写真をA4用紙に糊付けして資料を作っていましたが本当に便利な時代になったものです。
一番ありがたい事は何枚撮っても費用がかからないことです。
メモが必要な時でもバックに忍ばせた小型デジカメで記録したりと、ますます字が下手になっていく自分がいます。

不動産業務で使用する場合、道幅がない物件や室内をとる時に広角で写せるカメラが重宝します。
写真のカメラは広角15mmから300mm(35mm換算)までカバーできるようにしており、下のような画角となります。
b0190474_19385935.jpg
15mm
これぐらいの広角がきくとタワーマンションでも至近距離から撮れます。


b0190474_19393999.jpg
55mm
肉眼で見た感覚に近いところがここらへんでしょうか。


b0190474_1940147.jpg
300mm
望遠域は仕事で使うことはほとんどありません。
逆についつい仕事を忘れて野鳥を追いかけてしまい業務に有害となっております。
[PR]
by sakurakanzai | 2011-05-24 20:12 | 不動産屋の七つ道具

さくら管財のブログです
by sakurakanzai
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30