ジャズマタズ/グールー
b0190474_1914189.jpg
1993年作品
ヒップホップジャズ革命と銘打ち、ラッパーのグールーがJAZZ界の大物たちとコラボレイトして仕上げたアルバムです。
トランペットのドナルド・バードやジャズギターのロニー・ジョーダンなんかは、本アルバムで知った大好きなジャズメンです。
本作は、当時大ヒットし、同シリーズや同コンセプトの作品が多数でましたが、後にも先にもこれ以上のアルバムに、めぐり合いません。
当然、曲は素晴らしいのですが、更に感動したのがグールーのライム(韻をふんだ詩)です。
ヒップホップのライムは日本語に訳したものを見ても、アホくさいことしか書いてなく、曲の魅力を下げてしまうものばかりですが、グルーのライムは、それとは一線を画すといいますか、まったくの別格です。
残念ながら今年、グールーは癌で亡くなりました。
しかし、彼の遺してくれた作品は、私の中で未だ輝いています。
[PR]
by sakurakanzai | 2010-12-28 19:38 | 音楽紹介

さくら管財のブログです
by sakurakanzai
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31