人気ブログランキング |
10年目のさくら
10年目のさくら_b0190474_15502554.jpg
西区の愛宕神社にさくらを見に行きました。
さくらと言えば会社と縁が深い仲。
創立から10回目のさくらを撮って参りました。
10年目のさくら_b0190474_15543582.jpg
10年目のさくら_b0190474_15550273.jpg
10年目のさくら_b0190474_15570302.jpg
10年目のさくら_b0190474_15571958.jpg
山頂に上がると景色も絶景です♪
10年目のさくら_b0190474_15572955.jpg
10年目のさくら_b0190474_15574732.jpg
10年目のさくら_b0190474_15575508.jpg
10年目のさくら_b0190474_15580504.jpg
10年目のさくら_b0190474_15581477.jpg
10年目のさくら_b0190474_15582329.jpg
10年目のさくら_b0190474_15583393.jpg
10年目のさくら_b0190474_15584279.jpg
10年目のさくら_b0190474_15585155.jpg
これはさくらではありませんという落ちで・・


# by sakurakanzai | 2020-04-05 16:03
うきは市吉井町屋部の一戸建
うきは市吉井町屋部の一戸建てをご紹介します。
うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_2025612.jpg
平成16年築の軽量鉄骨造♪
なんとセキスイハイム施工の保証付き物件になります。

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_2032126.jpg
中に入る前に

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_20211483.jpg
間取を確認。
5LDK+収納いっぱいといったところですね。

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_20135590.jpg
扉を開け

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_20141688.jpg
広い玄関から入場♪

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_20144939.jpg
6帖和室

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_201572.jpg
隣の6帖洋室は

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_20153133.jpg
この収納力♪

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_20155218.jpg
廊下を通ると

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_20161583.jpg
飾り棚発見♪

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_20163219.jpg
オール電化のキッチン♪

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_20164983.jpg
大きなサッシのリビングは日当たり抜群♪
また、家中のサッシは全てペアガラスです。

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_2017465.jpg
洗面所

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_20172123.jpg
お風呂

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_20175633.jpg
2階6帖洋室①と

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_20181679.jpg
②は

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_2018321.jpg
つなぐことも可能です♪

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_20184940.jpg
主寝室も広く

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_2019656.jpg
ウォークインクローゼットが
うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_20192472.jpg
2つもあります♪

うきは市吉井町屋部の一戸建_b0190474_20193878.jpg
バルコニーからは耳納連山が綺麗に見えます。

ピッカピカリフォームも完了しており今すぐ住めますよ~♪
是非ご覧下さい♪♪♪

詳しくはこちら
# by sakurakanzai | 2015-12-07 20:48
ニュージャックスウィング特集
時は80年代後半、R&Bシーンは大きなうねりの中にいました。
それ以前に終息していたディスコブームの亡きあと、一体何がR&Bシーンをひっぱっていくのだろう。
この時代までの認識では、万人受けの大衆的な音楽が主軸を取る事が当然であるというコンセンサスがありました。
その一方でヒップホップなるストリート文化から誕生したジャンルが、創生期を経ていよいよ開花する前夜にあったわけです。
そして、その時代背景の中、いち早くヒップホップ的手法を取り入れR&Bシーンの先頭に立ち90年代初頭までをひっぱっていったのが「ニュージャックスウイング」というムーブメントなのです。
曲調を説明しますと、スコン!スコン!と入るキレのいいスネアの軽快なリズムに、ストリートテイストのメロディーがのった、大衆的な陽の部分とストリートの陰の部分を融合させた音楽という表現が、つたない私の最大限の説明となります。
今回はそういった時代の「ニュージャックスウイング」(以下NJSと表記)をご紹介させていただきます。




ニュージャックスウィング特集_b0190474_22244639.jpg
ジョディ・ワトリー/Jody Watley
1987年作品
軽快なリズム、哀愁あるメロディー、ジョディの高低色彩豊かなボイス。これから訪れるであろうムーブメントに対して、実力と方向性で第一列に立っていたのではないでしょうか。少し前に本アルバムの曲「Don't You Want Me 」の焼き直し版を作っていましたが、その調子で他の曲もリメイクしたら、現在のヒットチャートを独占してしまうのではないかと思えるほど秀逸なアルバムです。





ニュージャックスウィング特集_b0190474_22311222.jpg
ボビーブラウン/Don't Be Cruel
1988年作品
この時代のR&B界を代表するアーティスト。プロデュサーにも恵まれ素晴らしい曲の数々は涙ものです。しかし、ホイットニーと娘を幸せにしてあげれなかったのは汚点ですな。





ニュージャックスウィング特集_b0190474_22285287.jpg
ガイ/THE FUTURE
1990年作品
NJSの生みの親で神様である「テディ・ライリー」の肝いりのグループ「ガイ」のセカンドアルバム。この当時NJSは人気の頂点にあった言えます。それはEW&F、レイクサイドといった老舗バンドまでもがその影響下に置かれた曲を発表していたからです。しかし、その事は大衆的なものを毛嫌うようになってきた時代の潮流とは相反する事だったのかもしれません。






ニュージャックスウィング特集_b0190474_22313225.jpg
ニュージャックシティ/サントラ
1991年作品
このアルバムは良く聞いているのですが、実は映画自体は観たことがありません・・・。しかし、本作主演アイスTの著作「俺の色は死だ」は、今でも私の書庫で大切に保管しております。





ニュージャックスウィング特集_b0190474_22314289.jpg
キース・スウェット/KEEP IT COMI'N
1991年作品
王道を進むテディ・ライリーをの側面を支援した感のあるのがキース・スウェットです。NJSを盛り上げる仕事師的な活躍をした感がありますね。




ニュージャックスウィング特集_b0190474_22315162.jpg
マイケル・ジャクソン/DENGEROUS
1991年作品
マイケルの中で一番好きなアルバムです。特に前半の弾みの効いた曲々はスカッと脳を反響します。「リメンバー・ザ・タイム」を含めこれらをテディ・ライリーが手掛けた事は、後々に知る事となったのですが、すごく合点がいく話だと感じました。










ニュージャックスウィング特集_b0190474_2232105.jpg
レックスン・エフェクト/Hard Or Smooth
1992年作品
ラップグループの彼らをここに引き出すのはどうかと思いましたが、NJS関連銘柄としては真ん中をいっているのではないでしょうか。ここでもまたテディ・ライリーが深く絡んでいます。一体当時彼は寝る時間があったのか不思議に感じるところです。





ニュージャックスウィング特集_b0190474_22321929.jpg
ブラック・ストリート/BLACK street
1994年作品
またもテディ・ライリー。あらためてNJS=テディ・ライリーという事を再認識いたしました。しかし、この頃になるとNJSは時代の役目を終え、大衆的なものからストリート的なものがより好まれる時代となっていました。音使いもシンセサイザーの洗練された音から、サンプラーで独自に崩した音を使うことが支持されるようになり、日本でもこのころディスコからクラブヘと時代が変わっていたことを記憶しています。
# by sakurakanzai | 2015-08-21 01:56 | 音楽紹介
大興善寺
大興善寺_b0190474_2055743.jpg
佐賀県基山町の大興善寺(つつじ寺)に行ってきました。

大興善寺_b0190474_2065191.jpg
お目当てはご覧の紅葉

大興善寺_b0190474_2072219.jpg
何でも1300年近い歴史を持ち

大興善寺_b0190474_2074187.jpg
春はつつじ、秋はこのように紅葉が楽しめる古刹になります。

大興善寺_b0190474_2082732.jpg



大興善寺_b0190474_2084010.jpg



大興善寺_b0190474_209621.jpg


大興善寺_b0190474_2092131.jpg


大興善寺_b0190474_2094073.jpg


大興善寺_b0190474_2095336.jpg


大興善寺_b0190474_2010868.jpg


大興善寺_b0190474_20105812.jpg


大興善寺_b0190474_2011162.jpg


大興善寺_b0190474_20113115.jpg


大興善寺_b0190474_20114643.jpg


大興善寺_b0190474_20115925.jpg


大興善寺_b0190474_20121732.jpg


大興善寺_b0190474_20122985.jpg


大興善寺_b0190474_201246100.jpg


大興善寺_b0190474_20125927.jpg


大興善寺_b0190474_20131353.jpg


大興善寺_b0190474_20132610.jpg


大興善寺_b0190474_20134217.jpg
帰り道で綺麗なお花を1枚

大興善寺_b0190474_20135978.jpg
壮大な自然と、後世の人にその美しさを引き渡してきた人の想いあってのこの体験に、感謝・感動のひと時でした。
# by sakurakanzai | 2014-11-25 21:07
軍艦島
軍艦島_b0190474_22302220.jpg
長崎の軍艦島上陸・周遊ツアーに参加してきました。

軍艦島_b0190474_22304579.jpg
この船で長崎港から30分で到着するそうです。

軍艦島_b0190474_22315100.jpg
途中、戦艦武蔵を建造したドックや

軍艦島_b0190474_22313636.jpg
世界最大の客船クイーン・メリー2も通過できるという女神橋

軍艦島_b0190474_2231528.jpg
世界最高レベルの大型船が建造可能な三菱重工香焼工場を経て

軍艦島_b0190474_22321046.jpg
軍艦島に到着。
この眺めが戦艦「土佐」に似ている事が呼び名の由来で、正式名は「端島(はしま)」。
ご覧の両端の距離が約500m近くあるそうです。

軍艦島_b0190474_22323048.jpg
いよいよ上陸

軍艦島_b0190474_2232478.jpg
気持ちの良い晴天が荒廃した島の雰囲気を打ち消すかのよう

軍艦島_b0190474_2233729.jpg
一番高い場所に建つ建物が幹部職員の社宅でお風呂も完備してたそうです。
きっと眺めも最高なんでしょう。

軍艦島_b0190474_22334358.jpg
こちらは小学校の校舎。エレベータもあったらしく

軍艦島_b0190474_2234232.jpg
日本初の屋上緑化とはここの事でしょうか。

軍艦島_b0190474_22343721.jpg
味気ない色彩の風景の中で一際目を引くのが

軍艦島_b0190474_22345968.jpg
壊れた赤い煉瓦の壁と

軍艦島_b0190474_22352396.jpg
白いソーラー発電の灯台

軍艦島_b0190474_22354696.jpg
こちらの建物は階段が落ちてます。

軍艦島_b0190474_2236354.jpg
そして正面の建物が、日本で最初に建てられたRC造7階建ての共同住宅。
1916年築で外形は意外にもしっかり留めていますが

軍艦島_b0190474_22362851.jpg
よくみると内部のスラブが崩れ落ちていたり

軍艦島_b0190474_22364887.jpg
クラック・爆裂・剥離・崩落のオンパレード

軍艦島_b0190474_2237458.jpg
隣の建物は1957年築。
どの建物を見てもまともな物はなく、まるで北斗の拳のような無秩序な世界に足を踏み入れた気分でした。

軍艦島_b0190474_22372423.jpg
そして、現実の世界に戻るかの如く島をあとに

軍艦島_b0190474_22375438.jpg
勢いよく進む船の傍らで

軍艦島_b0190474_22381694.jpg
2匹のイルカに遭遇しました。
ガイドさんによると滅多にない事のようで、ラッキーなおまけ体験ができました。
# by sakurakanzai | 2013-12-24 23:54
  

さくら管財のブログです
by sakurakanzai
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31